導入実績・解決事例

導入事例 株式会社フォーク 様

テスト外注のハードルを下げた「ブリッジ常駐」。
検証だけにとどまらない、そのメリットとは

株式会社フォーク様
株式会社フォーク 様
Webプロモーション企画やWebキャンペーン企画に対して最適な解を提供する「ウェブプロモーション事業」、大規模なWebサイト構築や中長期でのWeb戦略展開にマッチしたサービスを提供する「ウェブインテグレーション事業」を主な事業とする、株式会社フォーク様(以下、フォーク様)。
フォーク様は、ウェブレッジの「受託検証」サービスと「ブリッジ常駐」サービスをご導入いただいています。

インタビューにご対応いただいたご担当者様 第2プロデュースユニット 課長 ディレクター 井上 英行 様
第2プロデュースユニット 課長 ディレクター 上村 真澄美 様(写真左)

課題は、深夜のデバッグ地獄からの脱出!

本日はインタビューをお受けいただき、ありがとうございます。
早速、お二人のご担当についてお聞かせください。

上村様二人ともWebディレクターです。フォークのディレクターは、制作進行だけではありません。営業も兼任しながら、プロジェクトマネージャー(以下、PM)としてプロジェクト全領域をフォローするという、非常に領域の広い職務です。

導入前の課題は何だったのでしょうか?

上村様基本的な課題は業務負担、「深夜のデバッグ地獄」です(笑)。ディレクターは業務量が多い上に、お客さまやスタッフとのコミュニケーションに多くの時間を要するため、検証の業務は夜になってしまいます。時には深夜遅くまでかかることもあり、それがひと月に何度も、プロジェクトが佳境を迎える度に起こっていました。

また、デザイン段階からずっと制作物を見ているため、検証時に新鮮な目で見られずミスに気づけないこともありました。品質そのものにも課題があったと思います。

井上様あとは、ディレクターと制作スタッフで、品質・検証の質にバラつきが出てしまう問題もありました。こういう場合はここまでのテストケースが最低限必要だとか、テストの粒度や網羅性も全然整備されていない状況でしたね。

弊社のサービスを導入する前は、どのように対応していましたか?

上村様見慣れてしまった人が検証するのはやめようと、別部署にヘルプを出して新鮮な目で見てもらうなどの工夫はしていましたね。とはいえテスト部署があるわけではないので、社内の空きリソースを探すのも大変です。結局自分でやってしまうこともありました。

井上様常に品質を意識はしていたものの、結局時間とのトレードオフになって、テストの優先順位が下がってしまうのが大きな問題でした。

上村様別部署のスタッフに新鮮な目で見てもらえたとしても、今度はその人が深夜まで頑張ることになります。結局、稼働の問題はクリアになりません。やはり限界がありました。

導入のきっかけは、ブリッジ常駐を提案していただいたこと

弊社サービスの導入を決断されたきっかけは何でしょうか。

上村様私は以前短時間勤務を行っていた際、担当案件を持たず、デバッグのお手伝いをしていました。
同じディレクターですので、メールさえ共有していれば事前に仕様を把握し、テスト可能な状態でスタンバイできます。その動き方に対して「非常に助かる」と言ってもらえたとき、こういうテスト専門スタッフがいたら欲しいというイメージができあがりました。

その後、再び最前線でディレクション業務にあたるようになり、テストの時間が足りない状況に戻った時、これではダメだと強く思いました。そこで、組織構造として品質管理ユニットを作りたいと考えたんです。しかし、品質管理ユニットメンバーの人員調達、テスト予定が無いときの代替業務やコスト管理など考えると、ハードルが高いのが現実でした。

社内の事務局チームが通常のオペレーター業務にプラスして、テストも担当してはどうかというアイディアもありました。しかしリソースは安定せず、テストのプロフェッショナルでもない。やはり無理そうだな…と思ったところに、ウェブレッジさんの訪問が重なったという感じですね。
ブリッジ常駐に関するお話をしたいのですがどうですか?」と。

お話を伺ったところ、自分の理想とほとんど同じだったので、どこかで話を聞いていたのかな?みたいな(笑)。私もディレクターとしてお客様先にブリッジ常駐している身で、社内の状況がわかるからこそ効果的に動けるというのも実感していたので、同様の効果が期待できるだろうなと。訪問に来ていただいたタイミングも良かったですし、他社の入り込む隙は無かったですね。

株式会社フォーク様 ブリッジ常駐体制図
ブリッジ常駐体制図

弊社が伺ったタイミングも、ご提案内容も、本当にぴったりだったんですね。逆に、懸念事項はありませんでしたか?

上村様懸念としては、うちのプロジェクトって検証対象になるのかな、ということでした。スケジュールはタイトで、テストしようにもいつまでも修正があり、できあがりの目処が立たないものを外注するイメージができませんでした。

井上様修正と並行して検証する、というのはよくある話ですね。このページはまだ直しているからさわらないで、といった流動的な対応ができるのかという懸念はありました。

上村様あと、ちょうど同時期にお付き合いのある代理店様で、必ず「第三者検証」を入れて納品するようにと、かつウェブレッジさんを使ってくださいという指示が来ていました。

えっ!そうなんですね!

上村様元々その代理店では、別の会社に検証を依頼するルールがあったのですが、品質や依頼手順にいくつかの問題があり、運用が行き詰まりそうだったんです。しかし品質は最優先事項となりますので、ウェブレッジさんを採用することで問題を解消し、運用を継続していくということでした。

新規引き合い段階で情報を共有することで、スピード感ある案件進行が可能に

弊社のサービスを導入されてからはいかがでしょうか。

株式会社フォーク 井上様
株式会社フォーク 井上様

井上様ブリッジ常駐しているウェブレッジさんのテストディレクターが、ディレクターが集まるチーム会に毎週参加してくれています。そこでテストチームのリソース状況と新規引き合いなどの営業情報を交換・共有しているので、スピード感を持って対応いただけているなという印象です。

上村様引き合い段階からプロジェクトをご存知なので、「あれ受注したんだけど、テストお願いできる?」みたいなやりとりができるのが非常にありがたい。情報量が同じだからできることだと思います。
恐らくウェブレッジさんも、「これはテストが発生しそう、あっちは無さそう」という視点で我々の会話を聞いてらっしゃると思いますし、能動的に情報をキャッチしてくださっているなぁと感じています。
いざというときにゼロから説明する必要がないというのは、チーム会に参加していただいている最大のメリットですね。

臨機応変に対応できる信頼関係が◎。見積り依頼を通じて、仕様の抜け漏れレビューができるのも意外なメリット!

どんな効果がありましたか?

上村様短期案件は毎月5本くらいあり、1~2か月くらいで作ります。短期のキャンペーン制作などで一年中埋まっており、半年以上工期のある規模のプロジェクトが年に数件という割合です。
この中から、ウェブレッジさんへ検証をお願いする案件について見積りを依頼するのですが、通常はここでだいたいの仕様やデザインを文書化して共有します。しかし、とりあえずこの時期にリソースを抑えてほしい、といったお願いでも、口頭の簡単な説明で早々にテストオペレーターの空き状況を見てくれます。正式な見積り依頼が出せない段階でもリソースを抑えてくれるので、テストは大丈夫という安心感を持てる。こんな信頼関係を築けるのが、ブリッジ常駐の直接の効果だと思います。

株式会社フォーク 上村様
株式会社フォーク 上村様

もうひとつの効果が、見積り依頼のために仕様書とデザインを共有する、という手順が挟まれることによって、早いタイミングで「きちんと文書化する」習慣が強化されたことです。

さらに、見積り依頼をするとウェブレッジさんは実際のテスト時間を算出されるので、具体的にどう動くかわからないものは見積りができない。そうすると、「これはどこへ遷移しますか?どういう挙動をしますか?」って聞いてくれる。要するに、要件定義・仕様策定の漏れをレビューで指摘してもらえるということなんです。
Web制作経験豊富な社内スタッフ同士では、細かい定義をせずによしなに作ってもらうことがありますが、当然認識のズレから無駄な手戻りが発生して、遅れの原因となることもあります。仕様の抜け漏れを、見積り依頼時のレビューで補ってくれるというのは、すごい効果だなと思っています。

生産性がアップし、トラブル報告が減少!ディレクターの心理的負担も軽減できた

定量的な効果としては、いかがでしょうか。

上村様残業が無くなったということはないです。しかしスタッフを抱える立場から見ると、テスト地獄で帰れないという報告は受けていないです。今までテストにあてていた時間が、もっとディレクターとしてやるべき仕事に置き換わっている状態。結果、一人当たりの回す案件数が1~2件くらい増えているので、利益向上にも繋がっていると思います。

井上様弊社では、トラブルが発生したタイミングで報告書を上げるようにしています。担当者によって誤差はあると思いますが、その報告件数が昨年に比べるとかなり減った実感があり、数字の変化に表れていると思います。

上村様防止策・改善策に繋がり活かされるのではなく、ただ後悔、反省するようなミスは無くなったと思いますね。それが時間短縮、生産性向上に繋がり、プロジェクト進行に一層集中できている。テストに対する意識付けや教育まで行って頂けたと感謝しています。

あとは心理的負担の軽減、これは大きいですね。もうプロジェクト終盤に待つ検証作業にひとりで苦しまなくていい。プロに任せたことで安心するし、社内スタッフに依頼したときのような負い目もありません。
昨年はPMが一人でテストを抱えて疲弊するもバグは減らない、という悪いサイクルになっていましたが、少しのきっかけでどんどんいい方向に向かっていると感じています。

株式会社フォーク様 井上様と上村様

ブリッジ常駐は外注へのハードルを下げてくれる!

弊社に対して今後期待したい点はありますか。

上村様バグってテスト段階で判明することが多いけど、作り込まれたのはどこかと調べると、結構前の工程に遡りますよね。ここで仕様がきちんと決まっていれば防げた…とか、進行上のいろんな事情が原因でバグが作り込まれる。
そこで目標としたいのが、ウェブレッジさんにもっと早いタイミングで仕様書を読んでもらうこと。時間をかけて作っていく大規模案件で、ウェブレッジさんというクオリティゲートを早めに差し込みたい。品質向上にダイレクトに効いてくると思うので、今後が楽しみです。

井上様詳細仕様書としてテスト項目書が出来上がるという話だからね。早い時点で入ってもらうのは、すごく理にかなっている気がします。

最後に、導入を検討されている方に一言お願いします!

上村様ブリッジ常駐のメリットは多すぎて、単純な検証委託の範囲では語れないですね。社内メンバーと同じ感覚でプロに検証の相談ができるというのが、最大のおすすめポイントです。
検証を外注できるということは広く知られていると思いますが、導入するハードルを超えられたのはブリッジ常駐だったからなんです。

井上様検証を外注に出す心理的なハードルって意外と高いですが、それをかなり下げてくれていますね。検証の大事さなんて、同業者はみんなわかっていると思います。だから、いかに効率よく外注できるかですね。

上村様社内の検証端末についても、ウェブレッジさんに最新から全て揃っているので必要ない、なんて話が出ています。かなりのコスト減だと思います。
たとえ自社に端末がなくても、ウェブレッジさんに連絡すればすぐに見てもらえると思うと安心です。導入のおすすめポイントの中では、こちらも結構大きいと思います。

検証そのものだけではなく、様々なメリットをお話くださり大変光栄です。貴重なお時間をいただき、ありがとうございました!

インタビューをお受けいただいたお客様

関連サービス

Scroll Up