IoT時代における webrageの
第三者検証

IoT時代の検証対象は?

PC・モバイル端末を中心に、様々なモノの無線通信による相互連携が複雑化しています。
特に、モノ同士の接続検証通信時の情報漏えいリスクに対するセキュリティ診断は必須です。

IoT時代の検証対象

IoT時代における第三者検証の必要性

モノとモノがつながるIoT環境は急速に身近なものとなってきており、
従来の「モノ単体のテスト」だけでは不十分。

Internet of Things
=

IoT時代における第三者検証の必要性

IoTを構成する技術要素は

  • モノ
  • セキュリティ
  • 情報の種類
  • 様々な種類のネットワーク

などなど

関連する知識やスキルが多岐に渡るため、
テスト実施は専門知識検証ノウハウを持った
第三者検証が望ましい!

webrageがご提案する
IoT検証に特化した独自観点

「つながる世界の
品質確保チェックリスト」

+

検証実績から得た
ウェブレッジ独自の観点

IPA公開の「つながる世界の品質確保チェックリスト」を元に、
当社の検証実績から得た独自の観点をプラス。
より幅広い視点に立って、要求の妥当性確認から検証・運用保守までを
トータルサポートします。

IPA連携委員の当社技術顧問が技術面を監修

技術顧問:宮原真次

富士通株式会社で設計検証業務、検証業務の事業化、
運用品質の構築支援業務などに従事。
2014年にIPA(独立行政法人情報処理推進機構)に入構し、
IoT機器・システムの高信頼化に関する調査・研究に従事し、現在に至る。
2019年4月より当社技術顧問に就任。

webrageがご提案する
利用時の品質に着目したIoT検証に
最適なテストフィールドを保有

特徴
IoT家電を豊富に取りそろえたスマートホーム、電子黒板やタブレットPCなどを用意したスマートスクールなど、ユーザの様々な利用を想定した環境を構築したテストフィールドでのテストが可能です。
また、フィールド内の環境データや利用ユーザのバイタルデータも取得可能。当社の知見を活かし、お客様のご要望に合わせたテスト環境を提案いたします。
  • スマートホーム
    スマートホーム
  • スマートスクール
    スマートスクール
  • シールドルーム
    シールドルーム

一般的な住宅や学校環境をご提供することで
お客様の検証環境の問題を解決致します

ウェブレッジのIoT第三者検証
相互接続性検証サービス

相互接続性検証サービスとは、モバイル通信、ネットワーク、Wi-Fi、NFC、Bluetoothなどのワイヤレス通信などで連携するデバイスと、市場に出回っているスマートフォンやタブレット、PCなどのデバイスとの相互接続性/互換性を検証するサービスです。

相互接続性検証サービス
  • テスト設計

    テスト設計
    多数の接続検証の実績データを元に、コストを最小に抑えつつ、高い網羅率を実現するテスト計画・テスト設計を行うノウハウがあります。
  • ログ取得/解析

    ログ取得/解析
    単純な接続テストだけでなく、開発と連携してのログ取得/解析を行い、不具合修正や再現確認のサポートなど実施可能です。
  • セキュリティ診断

    セキュリティ診断
    通信における脆弱性が無いか、セキュリティ面での診断も実施可能です。
    例)スマホとBluetoothヘッドセットを連携させ、通話音声データが抜け出せるか確認、など

検証実績

  • ・スマートウォッチ
  • ・ライフログ リストバンド
  • ・ワイヤレスカメラ
  • ・スマートロック(自動鍵)
  • ・カーナビ
  • ・ヘッドセット/スピーカー
  • ・モバイルバッテリー
  • ・セキュリティカード
  • ・USBアダプタ
  • ・スマートグラス
  • など 

ウェブレッジのIoT第三者検証
フィールドテストサービス

様々な無線技術やIoTサービスに対して、実際のフィールドへ専任エンジニアを派遣してテストを行うサービスです。ユーザの位置情報を利用したりライフログと連携するなどのIoT製品/サービスは急拡大しており、その流行速度に遅れない開発検証をサポートいたします。

フィールドテストサービス

検証実績

  • Beaconアプリ検証
  • Wi-Fi接続性確認検証
  • モバイルデータ通信測定検証
  • GPSチェックイン検証
  • VoIPアプリ通話検証
  • ジオフェンシング確認検証

テスト内容一例

  • Beaconと連動した現地テスト
  • 長距離移動テスト
  • 混雑した場所(混線しやすい場所)、雑音の多い場所、地下標高の高い場所などでのフィールドテスト
  • 長時間のアプリ利用テスト、放置テスト
  • ライフサイクルに合わせた行動シナリオ
  • メモリ圧迫などのストレステスト
  • ユーザビリティテスト(使用感、使い心地 etc…)
例えば…
  • 出勤時や帰宅時に混雑しているポイントをテストコースに選定
  • ウェアラブル機器をユーザー使用を想定したシナリオに沿って長時間使用テストを行う

ご要望に応じて柔軟な検証実施が可能です。

ウェブレッジのIoT第三者検証
サービス事例

SIMカード検証

某有名キャリア向けのSIMカード検証

実施目的 リリース前の他機種検証
予算 約100万
テスト期間 20営業日
テスト項目数 300〜500程度
テスト内容
  • SIMカード各種機能テスト
  • ユーザーシナリオテスト
  • レギュレーションチェック

スマートロック検証

スマートフォンで鍵の開閉操作が行えるデバイスとの相互接続性検証

実施目的 リリース前の多機種検証およびセキュリティ調査
予算 約100万
テスト期間 5営業日
テスト内容
  • 機種依存テスト(正常系/異常系)
  • レスポンス確認やユーザビリティ検証
  • セキュリティ調査

出荷前デバイス&アプリ検証

出荷前の無線デバイス(Bluetooth)とスマートフォン(多機種)の相互接続性検証、およびスマホアプリ実機検証

契約体型 受託型(請負検証)
予算 約200万円
テスト期間 10営業日
接続検証内容
  • マルチプロファイル接続テスト
  • ファームアップ時のデグレードテスト
  • 競合テスト等
アプリテスト内容
  • スマートフォンアプリの機種依存
  • 負荷テスト、等

Bluetoothデバイス検証

某オーディオ機器製造メーカーのBluetoothデバイスとの相互接続性検証、およびペアリング操作マニュアル作成

契約体型 年間契約(年間検証サービス)
予算 年間150万
テスト内容
  • ペアリング
  • マルチペアリング確認
  • ユーザー問合せ再現確認

CONTACT

お気軽にご相談ください

IoTにおける第三者検証について
お客様の課題、ご要望など、まずはお気軽にお問い合わせください。

IoTにおける第三者検証
について問合わせる

IoTにおける第三者検証を
ご検討の方はぜひご相談ください!