企業ニュース

旧郡山市立大田小学校活用事業者選定において優先交渉権を獲得いたしました

2018年3月31日をもって廃校となった旧郡山市立大田小学校(所在地:福島県郡山市西田町大田字込内664番1外)の活用を行う民間事業者として、当社が優先交渉権を獲得いたしました。

今後、郡山市と当社は、契約締結に向けて協議等を進めるための基本協定を締結し、地元地区への説明、廃校施設の賃貸借契約に関する文部科学省の承認手続き、財産の貸し付けに関する郡山市議会の議決等を経て、協議及び調整が整い次第、賃貸借契約を締結します。

対象施設

施設名 敷地面積 所在地
旧郡山市立大田小学校 13,249.55m2 郡山市西田町大田字込内664番1外

活用事業の内容

計画する施設名称

WR smart School Test Field

計画する施設の用途

  1. 学校テストフィールドとして活用
  2. コワーキングスペース、オフィススペース、宿泊施設として活用
  3. 交流会、セミナー、展示会の開催
  4. 社内外の利用者を対象としたカフェ・交流スペースの運営
  5. テストラボとしての活用 他

活用事業の概要・コンセプト

  • 学校向けICT教育サービスのプレ実証実験を目的とした「smartSchool Test Field(学校テストフィールド、以下「STF」)」を構築する。
  • STFは、カメラセンサーなどによる定量的空間情報(位置指標・環境指標など)の変化量と適正化指標(バイタル指標など)に基づいて、「学習に最適な環境やコンテンツ」の実証実験を行うためのテストフィールド。
  • EdTech事業者は、教室型、校庭型、体育館型、プール型、そして学校全体のリアルな環境を有するSTFで実証実験を行い、実際の学校教育現場に近い実証データを取得することができる。

主たる業務内容

  1. 各種テストフィールドの提供
  2. テスト業務全般(受託型)
  3. データ取得、分析、解析
  4. ユーザー調査及びUI/UXコンサルティング
  5. 統合開発環境の提供
  6. オフィス、ラボ、スタジオ等、スペースのレンタル
  7. テスト用端末、テスト機材のレンタル
  8. 産官学連携支援

その他

契約内容および今後のスケジュール等の詳細は、郡山市財務部公有資産マネジメント課の報道資料をご覧ください。

郡山市報道資料「旧郡山市立大田小学校活用事業者選定に係る優先交渉権者の決定について」

URL:https://www.city.koriyama.fukushima.jp/063000/koho/press/2018/documents/0131_kouyushisan.pdf

本件のお問い合わせ

本件につきましては、お問い合わせフォームまたは下記までお問い合わせください。
TEL:03-6380-8261
Email:pr@webrage.jp

アーカイブ

Scroll Up