サービスニュース

従量課金制スマートフォンゲーム、ユーザーは満足している?ゲーム開発者とユーザーの想いをつなぐサービス、7月24日より提供開始

「Pay to Win」のゲームから、「Pay to Fun」のゲームへ。ゲームのユーザー満足度調査に特化したFunQAサービス「アドバンスレイティング」

品質向上支援事業およびマーケティング支援事業を手がける株式会社ウェブレッジ(所在地:福島県郡山市、代表取締役:佐藤 保、以下:ウェブレッジ)は2018年7月24日(火)、スマートフォンゲームやコンシューマーゲームに特化したユーザー調査サービス(FunQA*)、「アドバンスレイティング(ADVANCE RATING)」の提供を開始いたしました。

*FunQA…ゲームを利用するユーザー目線で面白さ、楽しさを分析し調査することを指す用語です。

ADVANCE RATING

アドバンスレイティング サービスページ

アドバンスレイティングは、ゲームの開発・運営会社様向けのユーザー調査サービスです。リリース後に売上が伸び悩んでいるゲームや、新規ゲームを企画・開発中の企業様に対し、独自の新指標にてゲーム評価を行います。

過熱するスマートフォンゲーム市場と、ゲームの「課金」問題

スマートフォンゲームの市場は、現在約1兆円以上で年々増大しています。ユーザー(利用者)による課金が収益の大きな構成要素となっており、テレビCMやWeb広告などでユーザー数を増やし、課金へ誘導することで収益へと繋げています。そのため、ユーザーに対して、課金を行うとゲーム内でより強くなるアイテムを取得できる、というシステムで競争心をあおるものが少なくありません。しかし、結果としてユーザーの心が離れてしまい、リリース後数年と持たずサービスを終了するゲームも数多く存在します。

アドバンスレイティングは、「ゲームの課金は、ゲームを楽しむためにするべき」と考えて生み出されたツールです。Pay to Win(お金を払って勝つ)という言葉がありますが、それよりもPay to Fun(お金を払って楽しむ)のゲームを増やし、ユーザーも開発会社も双方をWin-Winにします。むやみに課金を助長するのではなく、より質の高いゲームを作り、ユーザーがゲームのファンになることで満足して課金する、そのようなビジネスモデル構築のサポートを目的としています。

アドバンスレイティングは、楽しさや遊びやすさ、ユーザーが望む機能など、通常は開発側が知ることが難しい「ユーザーの本音」を洗い出して提供することで、より満足度の高いゲーム作りに貢献します。

アドバンスレイティング詳細

「アドバンスレイティング」という名称は「未来の評価、指標」を意味します。当社の登録モニターに対してゲームをプレイしてもらい、定量データはもちろん、ストレスを感じたポイントや離脱する理由など、数値では表せないデータも取得します。

ADVANCE RATINGサービス概要図
1.登録モニター数は約8万人以上!さらにモニターのセグメントを詳細に設定可能
「30代で普段あまりゲームをしない主婦」「普段からゲームによく課金する男性」など、ライトユーザーからコアプレイゲーマーまで、ゲーム別に属性を絞り込み、最適なモニターと人数で調査を行うことが可能です。
2.ゲームに精通した専任担当者が対応
ゲームタイトルやジャンルによって、当社の専任モデレータ―が適切なテスト内容を設計します。
3.通常では難しい調査が可能
ゲームの離脱になりうる理由、ストレスを感じた細かいポイントなど、通常得られにくい生の声の取得が可能。またオンライン調査のため、モニターの日常生活に即した、通勤時間帯や就寝前などの調査実施もオーダー可能です。

今後の展望

日本国内のみにとどまらず、韓国やアメリカなど海外展開を順次進めてまいります。
また、ゲームをプレイするモニターに対して、コアゲーマー認定制度を創設し、職業としての「ゲーマー」を育成。さらに、新興スポーツビジネスであるe-sports業界での活躍を支援し、ゲーム業界全体の活性化に貢献します。

本件のお問い合わせ

本件につきましては、お問い合わせフォームまたは下記までお問い合わせください。

報道機関からのお問い合わせ

TEL:03-6380-8261
Email:pr@webrage.jp

サービスに関するお問い合わせ

TEL:03-6268-9327
Email:game_info@webrage.jp
「アドバンスレイティング」サービスページはこちら

AbemaPrimeに弊社の携帯電話研究家、池端隆司が出演いたしました

WRブログにて「品質コスト」「テストケース作成」に関する記事を更新

日経BP「日経 xTECH Active」にスマホアプリのセキュリティ対策についてのホワイトペーパーを掲載いたしました

2018年6月13日(水)より、日経BP社の日経 xTECH Activeにて、「スマホ利用やIoT普及が引き起こす新たなセキュリティリスクへの対策術」の掲載を開始いたしました。

続きを読む 日経BP「日経 xTECH Active」にスマホアプリのセキュリティ対策についてのホワイトペーパーを掲載いたしました

APPS JAPAN(アプリジャパン)2018に「MUXcloud」を出展します ~ITサービスの品質をユーザー視点で評価。品質指標「ユーザーカバレッジ」を発表~

品質向上支援事業およびマーケティング支援事業を手がける株式会社ウェブレッジ(所在地:福島県郡山市、代表取締役:佐藤 保、以下:ウェブレッジ)は、2018年6月13日~15日の3日間に幕張メッセにて開催される、株式会社ナノオプト・メディア主催のAPPS JAPAN(アプリジャパン)2018へブースの出展をいたします。
続きを読む APPS JAPAN(アプリジャパン)2018に「MUXcloud」を出展します ~ITサービスの品質をユーザー視点で評価。品質指標「ユーザーカバレッジ」を発表~

【JaSST’18 Tohoku】プラチナスポンサーとして協賛いたします

株式会社ウェブレッジ、博報堂アイ・スタジオと業務提携し、Webサイトの品質向上・長期安定運用を可能にする品質管理ソリューション『QC-ACTIVE』の提供を開始

ITサービスの品質向上支援をおこなう株式会社ウェブレッジ(本社:福島県郡山市、代表取締役:佐藤 保、以下、ウェブレッジ)は、博報堂アイ・スタジオ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:平林 誠一、以下、博報堂アイ・スタジオ)と業務提携し、Webサイトの企画・制作の品質向上と安定した長期運用までを可能にする品質管理ソリューション『QC-ACTIVE(キューシーアクティブ)』の提供を4月23日より開始いたしました。

続きを読む 株式会社ウェブレッジ、博報堂アイ・スタジオと業務提携し、Webサイトの品質向上・長期安定運用を可能にする品質管理ソリューション『QC-ACTIVE』の提供を開始

“攻める”Web制作品質で企業競争力を強化する、品質向上コンサルティングサービス「PinQy」4月19日提供開始 ~品質管理分野で新たなマーケットを開拓、独自の強みで事業拡大を目指す~

品質向上支援事業およびマーケティング支援事業を手がける株式会社ウェブレッジ(所在地:福島県郡山市、代表取締役:佐藤 保、以下:ウェブレッジ)は、2018年4月19日より、企業の事業特性・開発特性を踏まえた品質向上コンサルティングサービス「PinQy(ピンキー)」の提供を開始いたしました。
「PinQy」は当社に所属する品質プロフェッショナルが、Web制作関連企業を対象に、Web制作工程全般において品質向上のコンサルティングを行うサービスモデルです。検証業界における品質管理の在り方を再定義することにより新たなマーケットを開拓、事業拡大を目指します。

PinQyロゴ
続きを読む “攻める”Web制作品質で企業競争力を強化する、品質向上コンサルティングサービス「PinQy」4月19日提供開始 ~品質管理分野で新たなマーケットを開拓、独自の強みで事業拡大を目指す~

5月24日(木)開催 無料セミナー
ディレクターを悩ます短納期・高品質のジレンマ
効率化と品質向上を実現したノウハウとテストで抑えるべきポイント

アーカイブ

Scroll Up