サービス

海外携帯端末検証パッケージ

インバウンド向けITサービスの品質向上を支援します!海外携帯端末検証パッケージ

海外携帯端末検証パッケージ概要

海外携帯端末検証パッケージは、インバウンド向けのwebサービスやスマートフォンアプリを開発・提供するお客様を対象とした品質検証サービスです。
昨今の訪日外国人観光客増加に伴い、国内に持ち込まれるスマートフォンなどの海外携帯端末数は増加し、利用環境の多様化が広がっています。グローバル社会において、国内のITサービスが海外携帯端末でも正常に動作する品質を維持することは、今後の重要課題となるでしょう。エラーの一例として、ソフトウェアキーボードの翻訳機能が原因で文字化けを起こす現象などが実際に発生しています(当社検証実績より)。

訪日外国人観光客イメージ

弊社の「海外携帯端末検証パッケージ」は、外国人観光客向けのサービスを提供するお客様はもちろん、より多くの観光客にサービスを利用してもらいたいと考える全てのお客様を対象としています。海外携帯端末にて発生する、webサービスやアプリケーションの不具合・エラーを未然に発見することで外国人ユーザーの満足度を高め、お客様企業の利益を守ります。

海外携帯端末検証パッケージの目的・メリット

海外携帯端末検証パッケージは、インバウンド向けITサービス品質の向上、販売機会損失の低減を実現します。また、海外携帯端末を利用する際に問題となる、「電波法」に違反しないよう配慮した安心・安全なサービスです。
さらに、海外携帯端末のご用意、電波法に違反しない環境のご用意は弊社にて実施するため、設備投資コストを削減できる上、パッケージ価格のため通常よりお得な料金設定となっております。

インバウンド向け
サービス品質向上
販売機会損失
の低減
安心・安全かつ
低コスト

【サービスの流れ】

①弊社が保有する「海外携帯端末利用シェアデータ」を元に、海外より持ち込まれる可能性の高い携帯端末(海外で利用シェアの高い機種)を選定し、実機をご用意します。

②お客様企業が開発したwebサイトやスマートフォンアプリを実機で動作させ、不具合やエラーの発生有無を検証いたします。検証作業は、周囲の電波を遮断した環境を作ることができる「シールドルーム」内にて実施することで、電波法違反に抵触することなく※低コストで検証を行うことができます。
→検証設備について詳しくはこちら

※日本国内で無線機器を使用する場合、電波法令で定めている技術基準(技適マーク)に適合している必要があります。ただし訪日外国人に限っては、技適マークがなくても他国の認証マークがある端末に限り、入国から90日間は利用可能です。

シールドルーム活用のメリット

海外携帯端末検証パッケージの特徴

お得なパッケージ料金
海外携帯端末で検証可能
迅速な対応
オプションサービスも充実

特徴1:お得なパッケージ料金

海外携帯端末+シールドルーム使用+検証内容をパッケージにてご提供することにより、低料金かつ一括料金としています。
・基本料金がゼロ!
・シールドルーム使用料が30%割引!
合計で、通常よりも73,000円お得な料金設定となっています。

特徴2:海外携帯端末で検証可能

従来の海外サービス検証はグローバル機種で代替検証を行っておりましたが、本サービスでは、弊社で入手した海外でのみ流通している機種でも検証可能です。さらに弊社保有の「海外携帯端末利用シェアデータ」を元に利用シェアの高い端末を選定することで、効率的で網羅率の高い検証を行うことが可能です。

特徴3:迅速な対応

一括料金のため、お見積もりなど検証開始までに必要な手続きの期間を短縮できます。リリースまでに時間がなくお困りの場合でも、お気軽にご相談ください。

特徴4:オプションサービスも充実

基本パッケージをベースに、オプションで確認観点・確認言語・検証対象ページ数・機種数などをプラスし、お客様のニーズに合わせてカスタマイズすることも可能です。

海外携帯端末検証パッケージの適用例

対象業界・企業 対象サービス
小売業 観光グッズ・お土産販売サイト、店舗アプリ など
旅行・観光業 交通案内、観光サイト など
不動産 スマートロック など
広告代理店、制作会社 キャンペーンサイト など
教育業・出版業 翻訳アプリ、辞書アプリ など
スポーツ業 スポーツ関連サイト、グッズ販売サイト など

その他、お客様の課題に合わせて最適なサービスをご案内させていただきます。まずはお気軽にご相談ください。

【無料ダウンロード】ソフトウェア品質向上ガイドBOOK

第三者検証のスペシャリスト集団である株式会社ウェブレッジが、特に上流工程でのソフトウェア品質向上の手法に関してまとめた資料を無料でご提供しております。

ソフトウェア品質向上ガイドブック

ソフトウェア品質向上ガイドブック

ソフトウェア品質向上ガイドブック

Scroll Up