サービスニュース
ADVANCE RATING

従量課金制スマートフォンゲーム、ユーザーは満足している?ゲーム開発者とユーザーの想いをつなぐサービス、7月24日より提供開始

「Pay to Win」のゲームから、「Pay to Fun」のゲームへ。ゲームのユーザー満足度調査に特化したFunQAサービス「アドバンスレイティング」

品質向上支援事業およびマーケティング支援事業を手がける株式会社ウェブレッジ(所在地:福島県郡山市、代表取締役:佐藤 保、以下:ウェブレッジ)は2018年7月24日(火)、スマートフォンゲームやコンシューマーゲームに特化したユーザー調査サービス(FunQA*)、「アドバンスレイティング(ADVANCE RATING)」の提供を開始いたしました。

*FunQA…ゲームを利用するユーザー目線で面白さ、楽しさを分析し調査することを指す用語です。

ADVANCE RATING

アドバンスレイティング サービスページ

アドバンスレイティングは、ゲームの開発・運営会社様向けのユーザー調査サービスです。リリース後に売上が伸び悩んでいるゲームや、新規ゲームを企画・開発中の企業様に対し、独自の新指標にてゲーム評価を行います。

過熱するスマートフォンゲーム市場と、ゲームの「課金」問題

スマートフォンゲームの市場は、現在約1兆円以上で年々増大しています。ユーザー(利用者)による課金が収益の大きな構成要素となっており、テレビCMやWeb広告などでユーザー数を増やし、課金へ誘導することで収益へと繋げています。そのため、ユーザーに対して、課金を行うとゲーム内でより強くなるアイテムを取得できる、というシステムで競争心をあおるものが少なくありません。しかし、結果としてユーザーの心が離れてしまい、リリース後数年と持たずサービスを終了するゲームも数多く存在します。

アドバンスレイティングは、「ゲームの課金は、ゲームを楽しむためにするべき」と考えて生み出されたツールです。Pay to Win(お金を払って勝つ)という言葉がありますが、それよりもPay to Fun(お金を払って楽しむ)のゲームを増やし、ユーザーも開発会社も双方をWin-Winにします。むやみに課金を助長するのではなく、より質の高いゲームを作り、ユーザーがゲームのファンになることで満足して課金する、そのようなビジネスモデル構築のサポートを目的としています。

アドバンスレイティングは、楽しさや遊びやすさ、ユーザーが望む機能など、通常は開発側が知ることが難しい「ユーザーの本音」を洗い出して提供することで、より満足度の高いゲーム作りに貢献します。

アドバンスレイティング詳細

「アドバンスレイティング」という名称は「未来の評価、指標」を意味します。当社の登録モニターに対してゲームをプレイしてもらい、定量データはもちろん、ストレスを感じたポイントや離脱する理由など、数値では表せないデータも取得します。

ADVANCE RATINGサービス概要図
1.登録モニター数は約8万人以上!さらにモニターのセグメントを詳細に設定可能
「30代で普段あまりゲームをしない主婦」「普段からゲームによく課金する男性」など、ライトユーザーからコアプレイゲーマーまで、ゲーム別に属性を絞り込み、最適なモニターと人数で調査を行うことが可能です。
2.ゲームに精通した専任担当者が対応
ゲームタイトルやジャンルによって、当社の専任モデレータ―が適切なテスト内容を設計します。
3.通常では難しい調査が可能
ゲームの離脱になりうる理由、ストレスを感じた細かいポイントなど、通常得られにくい生の声の取得が可能。またオンライン調査のため、モニターの日常生活に即した、通勤時間帯や就寝前などの調査実施もオーダー可能です。

今後の展望

日本国内のみにとどまらず、韓国やアメリカなど海外展開を順次進めてまいります。
また、ゲームをプレイするモニターに対して、コアゲーマー認定制度を創設し、職業としての「ゲーマー」を育成。さらに、新興スポーツビジネスであるe-sports業界での活躍を支援し、ゲーム業界全体の活性化に貢献します。

本件のお問い合わせ

本件につきましては、お問い合わせフォームまたは下記までお問い合わせください。

報道機関からのお問い合わせ

TEL:03-6380-8261
Email:pr@webrage.jp

サービスに関するお問い合わせ

TEL:03-6268-9327
Email:game_info@webrage.jp
「アドバンスレイティング」サービスページはこちら

アーカイブ

Scroll Up