プレスリリース
上松恵理子氏と学校テストフィールドの教室

ICT教育研究家の上松恵理子 博士(教育学)がウェブレッジのICT教育事業分野におけるアドバイザーに就任

教育ICTを活用した先端教育に関する実証実験・研究開発を監修

マーケティング支援事業および品質向上支援事業を手がける株式会社ウェブレッジ(所在地:福島県郡山市、代表取締役:佐藤 保、以下:ウェブレッジ)は、ウェブレッジのICT教育事業分野におけるアドバイザーとして、ICT教育研究家の上松恵理子 博士(教育学)が就任したことをお知らせいたします。

上松恵理子氏には、福島県郡山市の旧郡山市立大田小学校をベースに構築した、ウェブレッジ所有の施設「学校テストフィールド」における、ICTを活用した未来の先端教育のための実証実験およびサービス開発についてご監修いただきます。

上松恵理子氏と学校テストフィールドの教室

「ICT教育事業分野におけるアドバイザー」について

国内のICT教育はもとより、海外の先端教育に精通している上松恵理子氏を社外アドバイザーとしてお招きし、ICT教育サービスの実証実験を行う「学校テストフィールド」の構築においてご支援いただきます。
学校テストフィールドでは、スマートフォンやタブレットを使った遠隔授業をはじめ、VRやAR、電子黒板、3Dプリンタといった各ICT機材における接続性検証、および利用時品質の検証など、実際の学校環境でリアルな実証実験を行うことが可能です。

今後は日本国内の学校環境を再現したもののみではなく、海外の事例を反映した教室や、未来の学校を想定した環境などを構築する予定です。

当社は、学校で学ぶ子どもたち、教師、保護者が安全安心かつ快適にICTを利用し、よりよい学びを得られるよう研究開発を進めてまいります。

上松恵理子氏プロフィール

上松恵理子氏
上松恵理子(うえまつ えりこ)
博士(教育学)、武蔵野学院大学国際コミュニケーション学部准教授、東京大学先端科学技術研究センター客員研究員。「教育における情報通信(ICT)の利活用促進をめざす議員連盟」有識者アドバイザーなど活動多数。世界各国のICT教育の調査研究、日本のネット利用やSNS等のICTに関する調査研究、およびモバイルコミュニケーションや新リテラシーについての研究を行う。著書に『小学校にプログラミングがやってきた!超入門編』三省堂(2016)などがある。
・公式ホームページ:http://uematsu-lab.org/

学校テストフィールドとは

学校テストフィールドは、廃校となった旧郡山市立大田小学校を活用した「学校型」実証実験施設です。主に学校教育現場で利用するICT教育サービスや、VR、AR、ドローンなどのICT機器をリアルな学校環境(普通教室、特別教室、体育館、プール、校庭など)でテストすることができます。これは、ICT利用時の環境データおよびバイタルデータを取得することで、「学習に最適な環境やコンテンツ」を定量的に分析し評価するものです。
今後は蓄積したデータを分析・活用し、教育コンテンツのリアル化およびパーソナライゼーション化を実現するシステムおよびツールを開発・提供してまいります。

所在地:福島県郡山市西田町大田字込内664番1外
敷地面積:13,279.77m2

旧大田小学校(学校テストフィールド)
学校テストフィールド 外観
学校テストフィールド内部
校テストフィールド内部 各教室

ウェブレッジのテストフィールドについては下記プレスリリースもご覧ください。

・スマート製品の利用時の品質に着目した、リアリティある検証環境を提供!
住居型&学校型テストフィールドの検証サービスを開始
https://webrage.jp/service200416/

本件のお問い合わせ

本件につきましては、お問い合わせフォームにてお問い合わせください。

アーカイブ

Scroll Up