サービスニュース
IoT時代のテストを考える ~IoTテスト標準の整備とテストフィールドでの実践~

IoT社会の脅威と社会的リスク、品質確保の視点を自宅で学ぶ!
技術者向けセミナー動画を一般公開

IoTの特徴を意識したテストについて、ウェブレッジ技術顧問が講演

マーケティング支援事業および品質向上支援事業を手がける株式会社ウェブレッジは、IoT社会における脅威と社会的リスク、IoTの特徴を意識した品質確保について学ぶ動画「IoT時代のテストを考える」を2020年4月8日に一般公開しました。
講師はウェブレッジの技術顧問であり、独立行政法人情報処理推進機構(IPA)連携委員である宮原真次が務めます。

本動画の内容については、当初、特定非営利活動法人ソフトウェアテスト技術振興協会 (ASTER)主催のソフトウェアテストシンポジウム「JaSST’20 Tokyo」にて講演を行う予定でしたが、新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大の影響により中止となりました。この事態を受け、オンラインでも技術者がIoTについて学べるよう、その一部を動画として公開する運びとなりました。

 

IoT時代のテストを考える ~IoTテスト標準の整備とテストフィールドでの実践~:https://www.youtube.com/playlist?list=PLcODqcmC3ZWJ9voO2ASUp6VIdTZUQSrFB(YouTube)

IoT時代のテストを考える ~IoTテスト標準の整備とテストフィールドでの実践~

IoT時代の到来で生活が豊かになった反面、社会的リスクも急増している

昨今、パソコンやスマートフォンなどの端末に加え、家電製品や自動車、工場などあらゆるものがインターネットにつながる「IoT時代」が到来しています。世界のIoTデバイス数の推移状況を見ると、2018年から3年後の2021年にかけて、307.1億台から447.9億台へ1.46倍に増えると予測されております。

(参考ページ:総務省「令和元年版 情報通信白書|IoTデバイスの急速な普及」)
https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd112120.html

このようなIoT時代の到来により生活が豊かになる反面、同時にこれまで存在し得なかった新たな社会的リスクも生じています。これからのIoTは、その社会的リスクを可能な限り減らし、かつユーザーが使いやすく魅力的と感じる製品・システムであることが必要条件であるといえるでしょう。

この度公開する動画では、IoT社会に潜むリスクにはどのようなものがあるのか、実例を踏まえて紹介すると共に、IoT製品・システムを社会に提供する前に必要な品質の確保について語ります。
講師は当社の技術顧問、宮原真次が担当します。ぜひご覧ください。

【講師紹介】

ウェブレッジ技術顧問 宮原真次
宮原真次(みやはら しんじ)
富士通株式会社で大型汎用コンピュータやストレージ製品などの設計検証業務に従事。製品開発事業部とは独立に開発上流からの第三者検証の仕組みを構築。2007年に株式会社富士通コンピュータテクノロジーズに執行役員として出向し、社外製品を含むICT関連製品の検証事業を立ち上げ、統轄。2014年に独立行政法人情報処理推進機構(IPA)に入構し、IoT機器・システムの高信頼化に関する調査・研究に従事。IoT製品・システムの安全安心を実現するための「つながる世界の開発指針」などを策定。セミナー講演など多数。

【動画の構成】

IoT時代のテストを考える ~IoTテスト標準の整備とテストフィールドでの実践~ 動画の一部

本件のお問い合わせ

本件につきましては、お問い合わせフォームまたは下記までお問い合わせください。

TEL:03-6380-8261
Email:pr@webrage.jp

アーカイブ

Scroll Up