WRブログ

テストの設計の仕方

テストを実施するうえで大切になってくるのが、テスト対象に「どんなテスト」を「どんな手段」でおこなうのか、という「テストの設計」です。
必要としている結果を得るためにはこの工程がとても重要です。
今回は、テストの設計において重要なことをご紹介します。

■テストベースを考える
テストベースとは、テストケースの素材となる、テスト対象の性質や品質、特徴などを記したものを指します。
例えば、要件や、アーキテクチャ、設計、インターフェース仕様など、さまざまなものがあります。
多くのテストベースの中から情報をまとめたり、不足しているものを足したりして、テストケースを作ります。
■テスト容易性を考える
テストベースが決まったら、次にテストケースの実現性を検討します。
たとえば、「使いやすさ」「見やすさ」といったことを検証する場合、テスト担当者の主観に左右されるため、評価基準があいまいです。
これは、テストの容易性が低いと言えます。
そのため定量的な評価に置き換えるテスト設計が必要になります。
たとえば、「使いやすさ」を「処理結果を返す速度」としたり、「見やすさ」を「ボタンの表示サイズを◯◯以上にする」としたりすることです。
■テスト条件を明確にし、優先順位をつける
ここまでの作業で、テストで検証するべき条件や要件が見えてきたと思います。
次は、それを明確にしていきます。
たとえばテストの環境的リソースは十分か、テストに割ける人員はどれくらいか、またそのためのスキルセットは揃っているか、それらを含めた期限はいつまでなのか、などを明確にしていくことで、テスト条件が揃います。
そしたら、今回のテストの目的に沿うように、テスト条件に優先順位をつけます。
■高度なテストケースを設計する
テストベース、テスト条件などが揃ったら、いよいよテスト設計をおこないます。
テスト設計は、最初からテストの手順や、期待される結果などの詳細な部分から考えるのではなく、テスト条件を網羅するように設計していきます。
このように抽象度の高いテストケースのことを「高度なテストケース」といいます。
■テスト環境の設計
テスト実施に必要な環境は、物理的な側面と論理的な側面から考える必要があります。
たとえば、サーバー構成でテスト環境と本番環境を、同じサーバー上に置くかどうか、などを考えます。
このとき、テストに必要なテストツールの洗い出しなどもおこないます。
■トレーサビリティ(追跡可能性)を作成する
トレーサビリティとは、システムの各モジュールが、システム内にどのように組み込まれているかが、簡単に追跡できることであり、これは仕様書や設計書などの文書にも当てはまります。

トレーサビリティが確保できている状態であれば、仕様書や設計書に変更があったとしても、テストでの変更点がすぐに判断でき、致命的な欠陥の抜け漏れを防ぐことができます。

★まとめ
●テスト設計に必要な情報を集める
●テスト設計の方法
●トレーサビリティの重要性

ここまでで、テスト設計の方法について解説してきました。
製品の品質を支える、テストには準備やその後の保守性を意識した設計が必要です。


【参考文献】:
『ソフトウェアテスト教科書 JSTQB Foundation 第3版』

【参考URL】:
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/1111/07/news172.html,(参照 2016年7月30日)
http://gihyo.jp/dev/serial/01/test_newface/0003,(参照 2016年7月30日)
http://www.itmedia.co.jp/im/articles/0802/07/news141.html,(参照 2016年7月30日)
http://www.ipa.go.jp/files/000004550.pdf,(参照 2016年7月30日)

【無料ダウンロード】ソフトウェア品質向上ガイドBOOK

第三者検証のスペシャリスト集団である株式会社ウェブレッジが、特に上流工程でのソフトウェア品質向上の手法に関してまとめた資料を無料でご提供しております。

ソフトウェア品質向上ガイドブック

ソフトウェア品質向上ガイドブック

ソフトウェア品質向上ガイドブック

Scroll Up